走り旅と山男

アクセスカウンタ

zoom RSS 吾妻山スキー縦走

<<   作成日時 : 2012/03/21 16:33   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

 3.11震災と原発放射線の影響で2年ぶり吾妻山スキー縦走を3月18日〜20日で行った。昨年は20数年続いていた冬山吾妻スキー縦走が途絶えてしまい残念であった。ここ数年は単独行で行っていたが、今年は久しぶりにパートナーに恵まれ厳しくも楽しく心強い山行であった。三日間の天候は風と雪が吹き付け視界は50m程度しかなく、地図とコンパスを駆使して漸く完踏できたが、これにナビがあればもう少し楽だったかもしれないと思う山行でもあった。
 一日目はグランデコスキー場からゴンドラとリフトを乗り継ぎ登山口へ、太平洋にある前線が停滞してそこに北からの寒気が入り天候は荒れ気味で、スタート地点では雨、中間で霙、高度が上がり雪に変わる天気であった。コース上は積雪があったにも関わらずスノーシューで圧雪状態、ラッセルもなく歩きやすかった。しかし、西大巓からは2パーティーのみ、この後も感じたのであるがこの時期に吾妻山縦走を行っている人が少なくなったと寂しさを感じた。西大巓頂上からはトレース辿り12時半には西吾妻小屋に着き貸し切りで泊まった。
 翌日も相変わらず風が強く雪が舞っている。出だすかどうか躊躇したが視界は50m程あるので出だすことにした。コンパスを駆使して梵天岩を確認して人形石にずばり到達した。稜線上雪は相変わらず強風をともなって舞っているが、時たま薄い晴れ間が出るが直ぐ視界が遮られてしまう。東大巓には南から風を受け50mほど北にずらす、ここで頂上を確認しようとするが積雪が多く頂上の標識を見つけられなかったが、頂上と仮定して先に進む、ここでは高度時計とコンパスとにらめっこで下りすぎないように注意を払う。進路を南方向に切り替え谷地平への沢に向かうも、大きな雪庇に行く手を阻まれ立ち往生していると、神の助けか晴れ間がのぞき谷地平がスッポトライトに浮かんで見え、沢の入る地点を確認することができた。沢に入ればスキー滑降一直線で楽勝と思いきやあちこちに水の流れに口が開いていて要注意だ。最後は小沢に入り込みそのアップダウンに苦しめられ2人とも七転八倒、時間はかかったがなんとか谷地平に着き一安心した。また今日も谷地平小屋は貸し切り状態、残り少なくなったお酒を分け合い気持ちのいい眠りについた。
 三日目は相変わらず外は吹雪いている。コンパスを140度に合わせ標高差480mの東吾妻山(1975m)に向かう、コメツガとオオシラビソの林を縫って登る。方向の見通しはまるでなくコンパスだけが頼りだ。1750m地点当たりからは樹林は低木となり気候の厳しさが伺える、稜線にでると風雪がますます強くなり右頬に叩きつける。急登が終わり頂上に近づいたが、やはり右からの強風で左に流され50m以上コースを外して少々慌てる。ここでは立っているのがやっとの状態だったが、頂上の標識を確認にほっと胸をなで下ろした。風の当たらない所まで下りシールを外し楽しみな大滑降だ、標高差370mを鳥子平の吾妻スカイライン有料道路目がけて、降ったばかりの新雪をけ散らかし気持ちいい滑りであっという間に有料道路に着いた。
ところが、観光道路の売り物である3mから4mの雪の壁に行く手を阻まれた。そこで一番低い位置を探し出しそれでも3mは有にある、杭にシュリンゲをかけステップを切ってやっと垂直の壁を下りることができた、今度は反対側の壁を登らなければならない、むしろ登りの方が難しい、スノーソーでステップを数カ所掘り、ザックに登りストックの入る支点を造り、尻を押してもらいやっとの思い出這い上がることができた。1時間近くもロスしてしまった。ロープシュリンゲとスノーソーがなかったらどうなっていたか、我々山やにとって命がけのことだ、越えられなかったらと思うとぞっとした。ここに落ちた動物たちはどうなるのだろう道路関係者に苦言を呈したい。
高山へは新雪のラッセル1時間弱で着き、また6qの大滑降が待っている。途中の大きな雪屁の下を通過する時は雪崩に細心の注意を払った。贅沢であるが太股が爆発するのではないかと思うくらいパンパンになりながら土湯温泉に無事に滑り降りた。
画像
画像
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
色々エンジョイしていますね?
こちらは再来週ハーフマラソン走ります。
GWには一時帰省する予定です。
1k1元活動実現に向け調整など宜しくお願いします。
行田鉄剣マラソンも頑張って下さい。
皆さんに宜しくです。
中国蘇州ランナー
2012/03/24 16:13
薄葉さんこんばんは。
吾妻山の縦走凄いですね。コンデションの悪い中樹林帯の中をコンパスで正確に目標を捉えるなど感心します。スキーで尾根間違えたらと思うと怖いですね。雪の回廊もスノーソーでクリアー準備万全ですね。
色々勉強になりました。
 今日は、Tさんと念願の那須朝日岳直登ルンゼで登頂しました。

2012/03/25 21:48
 良いですな! 山スキー。私も東北は無理でも兵庫県の氷の山に行きたいと考えています。こちらは、少し暖かくなり桜の蕾が膨らんで来ました。又、お出会い出来ることを楽しみにしています。
丹後のゴンタ
2012/03/29 15:33
中国蘇州ランナーさんへ
 1K1元活動が具体化しましたら連絡をください。まずは事務局に話を通しておきたいと思います。
 明日は2年ぶりの行田鉄剣マラソンです、今回は走り込みができていますので久しぶりに記録を意識して走りたいと思っています。結果は如何に?
 GWは北海道一周の旅に出ようと思っています。日本一周の時見られなかった場所を車と自転車で訪ねます。

Nさんへ
 朝日のルンゼの踏破おめでとうございます。
 私も20数年前に2回ほどやっていますが、最後の詰めが怖いところですよね。帰りの下りにビビった思い出があります。
 吾妻はだだ広くてわかりにくい地形です、地図コンパスに、より確実性を増すためにナビを取り入れ楽しみたいと思っています。
 今度山行いっしょしませんか?

丹後のゴンタさんへ
 こちらはまだ寒さが続き梅の花すら咲いていない状況です。
 是非東北の山に来てください案内します。
えっちらおっちら正雄
2012/03/31 10:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
吾妻山スキー縦走 走り旅と山男/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる